30代保育士の転職について

保育士転職TOP >> 年齢別 >> 30代

30代保育士の転職について

30代の保育士転職は、自分のライフステージやキャリアをよく考えながら、長く働き続けられそうな職場を見つけることが大切です。たとえば家庭や育児と仕事を両立させたい人なら、正社員として働くよりも一日当たりの勤務時間が短いパートや人材派遣の方が、時間的に余裕があるので働きやすいかもしれませんね。一方、自分の職場で子供を保育したい場合には、正社員で働いたほうが時間的にも都合が良いでしょうし、正社員の方が福利厚生が充実しているのでやりがいや充実感を感じやすいかもしれません。

30代になると、キャリアアップの転職も多くなります。保育士のキャリアアップには、担任やリーダーなどの管理職的なポジションへの転職があるほか、なかなか求人募集が出る機会は少ないのですが園長という役職も視野に入れることができる年代です。ただし、園長のポジションは、各保育園で1つしかありませんし、保育士としては頂点となるお仕事なので、離職率はかなり低いという特徴があります。そのため、園長を目指して転職活動をしている人がとても多く、少ない求人数に対して大勢が押し掛ける激戦となってしまいます。激戦の中から自分が採用されるためには、経験やスキルはもちろんですが、研修や教育制度には積極的に参加したり、保育士として必要な資格以外にも、文書作成のスキルを証明できる資格や、ほかのスタッフをまとめる際に有効となるカウンセリング系の資格などを取得するという方法も、持っていて損をすることはないでしょう。

また、30代でも後半になると、体力的に保育士の仕事を続けることがハードだと感じる人が多くなります。保育士のお仕事は、小さな子供達を抱き上げたり抱えたり、また子供たちと一緒になって外を走り回ったりするので、体力に自信がなければ務めることができません。また、中腰の姿勢を取ることが多いために腰痛を抱える人が多く、30代になると慢性的な腰痛がひどくなってしまい、仕事を続けられない人も増えてきます。年齢を重ねても仕事を続けられる体力と健康は必要ですから、普段の生活でもできるだけ腰に負担をかけない姿勢を心がけることもまた、この仕事でキャリアを築きたい人なら気を付けたいポイントと言えます。

ライフスタイルやライフステージによって、どんな働き方が自分にとってベストなのかに大きな個人差が現れる30代の転職では、具体的にどんな風に働きたいのかを考えたうえで、ピッタリの職場を見つけるのが良いでしょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.