40代保育士の転職について

保育士転職TOP >> 年齢別 >> 40代

40代保育士の転職について

40代でも保育士が転職をすることは不可能ではありません。全国各地で保育士は深刻に不足している所が多いですし、保育士のお仕事は資格を持っていなければいけないので、誰でもできるというわけではなく、そのためにブランク期間が長い保育士でも、やる気があれば転職先や復職先を見つけることはできます。その場合には、未経験者歓迎のお仕事を探すことになりますが、条件や待遇面がイマイチでも、ブランク期間がある場合にはとにかく採用してくれる所を最優先にした転職活動をおすすめします。

これまでブランク期間がなくずっと保育士としてのキャリアがある人なら、そろそろ園長を目指したキャリアアップ転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?園長のお仕事は求人数が少なく離職率も低いため、求人募集に応募しても少ない求人数に大勢が応募する激戦となるのが一般的です。その中から自分が採用されるためには、持っているスキルや技術などがとても重要になりますが、競争率が高いことを理解して、なかなか採用されなくても根気よく転職活動を続けるようにしましょう。

キャリアアップ転職では、どうしてもすでに園長として働いているような経験者が優遇されるのが一般的です。園長の経験はないけれど、視覚やスキルの面では十分に園長として働くことができると自信がある人は、競争率がそれほど激しくない求人を見つけて、まずは経験をつけるという方法も良いでしょう。経験者として転職できるようになったうえで、さらに条件や待遇が良いお仕事を見つけるという方法もおすすめですよ。

40代になると、年齢的に体力が低下してきます。そのため、保育士として体力的にハードなお仕事をこなすことがキツイと感じる人が多くなりますし、腰痛など健康上の理由で離職を余儀なくされる人も増えてきます。保育士は慢性的な腰痛を抱えている人がとても多いお仕事ですが、できるだけ健康には気を付けて、腰痛予防のサポーターを使ったり、腰に負担をかけるような姿勢は極力避けるなどの工夫をすることも必要ですね。

40代は、若い年代と比べると転職先を見つけづらくなるため、転職先を探す際にはできるだけ長く働ける職場を見つけることも大切です。どんなお仕事でも年齢を重ねるとキャリアアップ転職以外は難しくなるものです。保育士も例外ではないので、定年退職も視野に入れながら転職先を見つけることが必要となります。定年退職を目指して頑張りたい人は、パートや人材派遣ではなく正社員として働く必要があることも理解しておきましょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.