50代保育士の転職について

保育士転職TOP >> 年齢別 >> 50代

50代保育士の転職について

50代保育士の転職は、それまで長いブランク期間があったりすると転職先を見つけることが簡単ではないので、時間がかかってしまうかもしれません。根気よく仕事探しをすることと、条件や希望を優先するのではなく、自分が採用されやすい職場を探すことが、50代での保育士転職に成功するポイントと言えます。

この年齢になると、もう少しで定年退職というゴールが見えてきます。定年退職を迎えた時、正社員として働いている人で一定の条件を満たしていれば退職金を受け取ることができるかもしれません。若い年代なら定年退職金についての情報収集をする必要はあまりないかもしれませんが、50代の転職では、かならず前職を辞める前、そして転職先に入職する前にチェックしておくことが必要です。

定年退職金は、基本的には正社員として働かなければ受け取ることができません。しかし、誰でも受け取れるわけではなく、職場ごとに勤続年数が10年以上とか5年以上などと条件が設けられていることが多いものです。転職する年齢によっては、正社員として働いても退職金を受け取れないこともありますし、もしかしたら前職を続けていれば退職金がもらえたはず、というケースもあるでしょう。そのため、この年代の転職では、転職することによるメリットとデメリットをしっかりと考えながら、長期的に自分にとってプラスとなる転職先を探すことがとても大切なのです。職場が嫌だから、違う環境で働きたい、などの感情よりも、将来のことを見据えた仕事探しをするようにしましょう。

これまで保育士としての経験やスキルを持っている人なら、キャリアアップ転職を狙うことも可能です。しかし、キャリアアップ転職では40代がピークとなるため、50代になると年齢的に応募してもなかなか採用に結び付かないということはあるかもしれません。根気よくあきらめずに転職活動をするのが良いですし、条件や待遇面で妥協すれば、求人倍率がグンと低くなって、すんなり採用されやすくなることもあります。若い年代の転職では、自分の希望や条件を最優先した仕事探しをすることができますが、年齢を重ねた保育士の転職では、自分が採用されやすい職場探しをするのが賢明となります。ロケーションや待遇など、妥協できる部分は積極的に妥協したほうが、転職活動に時間をかけずに成功できるでしょう。長いブランク期間があった人なら、人材派遣などの雇用形態で期間限定で働いてみるという働き方もおすすめです。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.