男性保育士の転職について

保育士転職TOP >> 転職の基礎 >> 男性保育士の転職について

男性保育士の転職について

保育士は女性の仕事とのイメージを持たれますが、男性保育士の数も増えてきています。国は少子高齢化問題を根本から解決するため、子育てをしやすい社会整備を進めています。そのため男性の保育士にとっては転職しやすい環境が整いつつあるといえるかもしれません。明るい将来が期待できるとはいっても、保育園や保育施設を見てみると、まだまだ女性中心の社会という状況ですので、男性保育士が直面する問題もあります。転職を考える場合は現在の状況をよく把握して、どのようなビジョンで転職を目指すかをよく考えることが大切です。

男性の保育士転職で重視するのが給料だという人は多いです。保育士は労働に対する対価としての給料が少ないと感じる人が多いので、給料アップを目指して転職する人が増えています。実際に保育園に勤務する男性保育士の給料は、女性と比較してどのような状況なのでしょうか。男性保育士の待遇は女性保育士とそれほど変わらないというのが実情です。もちろん体育指導としてスカウトされて入園したり、他の資格があって保育園側からオファーがかかったりする場合は給料が上乗せされますが、そのようなケースに該当しない場合、女性保育士と給料はそれほど変わりません。ただし家族がいる場合は家族手当などの手当てが加算されることがあります。

男性保育士の転職で人気があるのが、新設の保育園の求人です。男性保育士は女性たちに囲まれて仕事をするため、女性中心の社会で仕事をすることに疲れてしまい、転職を考えるというケースが見られます。既存の保育園だとすでに人間関係がある程度固まってしまい、新任の保育士に対する風当たりが強い職場があります。このような問題から逃れるため、あえて新設の保育園求人を探す男性保育士は多いです。男性からしてみると、女性社会の仲間はずれやうわさ話は耐えられないと感じる人が多いのです。

男性保育士が転職をするにあたり、給料アップを目指すのであれば、株式会社型の保育園を選ぶことをおすすめします。このようなタイプの保育園は民間企業が運営しているため、スキルや経験に応じて給料がアップする給与体系を構築しているところが多いです。他に人気があるのが公立の保育園です。公立保育園は公務員扱いになるため、将来的に安定しているところが多いからです。採用されれば民間の保育園と比較にならないような福利厚生のところが多いので、公務員試験対策に時間をかける価値は十分にあります。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.