保育士転職の志望動機はどうする?

保育士転職TOP >> 転職の基礎 >> 保育士転職の志望動機はどうする?

保育士転職の志望動機はどうする?

履歴書を書くときや面接のときに考えておかないといけないのが志望動機です。志望動機は採用担当者が採用するかどうかを判断する大切な材料になるので、よく準備しておくことが必要です。履歴書に志望動機を記入する場合と、面接時の伝え方のポイントを押さえておけば、採用の可能性が高くなります。志望動機を記入する場合、次のことを考えておくと良いでしょう。

・幼児保育に対する思い
・なぜその保育園や施設を選んだのか

このことを踏まえて、自分の気持ちを文章にまとめます。志望動機をまとめる場合、簡潔でわかりやすい文章を書くことが大切です。

幼児保育に対する思いをまとめる場合、これまでの経験をもとに、どんな気持ちで取り組みたいかを表現します。仕事に対する姿勢をアピールすることで、幼児保育にまじめに取り組みたいと思っていることを伝えましょう。これまでどんな姿勢で子どもたちに接してきたかということも書いてみるといいかもしれません。理想の保育士像とそれに向かってどのような努力を払ってきたかを表現します。

なぜその保育園や施設を選んだのかをアピールする場合、保育園の教育方針や、取り組んできた事柄をチェックします。ホームページをチェックして、どんな方針を立てているのかを確認し、共感できそうなところを探ります。選ぶことにした動機をはっきりさせると、採用担当者の注意を引けるので特に力をいれて準備することをおすすめします。もしすでに知っている保育園なら、客観的に見たときの感想を含めると良いでしょう。子どもたちがのびのびしているのを見て、子どもの観点から幼児教育に力を入れている姿勢が分かり共感できた、といったことを伝えることもできます。

面接時には志望動機に基づいた質問が投げかけられます。「どうしてこの園を選ぶことにしたのか、志望動機にはこのように書かれていますが、具体的にどんなことに共感したのですか?」といった質問が投げかけられる可能性があります。履歴書に記入した志望動機をよく覚えておけば、面接時の質問もそれほど悩まずに答えられるでしょう。ポイントは積極的にアピールすることです。これまでの職場での人間関係や悩みについての問題が解決できずに転職を決意した、といった答え方だと、この人はまた同じ問題でやめてしまうかもしれない、という疑念を抱かせかねないので、注意してください。面接のときは、これまでの職場のことはリセットして望む方が良いでしょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.