保育士のよくある転職理由

保育士転職TOP >> 転職の基礎 >> 保育士のよくある転職理由

保育士のよくある転職理由

保育士の転職を考えていると、ほかの保育士の転職理由が気になるものです。保育士にあこがれてこの仕事を始めたのに、どうして転職することになったのでしょうか。理由には幾つかありますが、中でもダントツで多いのが給料の安さです。保育士の仕事は肉体労働が伴います。元気いっぱいの子ども達を相手に仕事をする訳ですから、体力の消耗も激しいです。それなのに、給料は思ったほどよくないと思っている保育士がかなりいます。こんなに一生懸命働いているのにどうしてこんなに給料が安いのだろう、と思うようになり、転職を決意したというのが多いです。

2つ目に多いのが勤務時間の長さです。公立の保育園なら深夜にまで仕事になるケースはまずありませんが、無認可保育園などは24時間受け入れているところが多いので、夜勤も当たり前です。保育士の仕事は子どもたちが起きている時間帯だけだと思っていたのに、深夜まで働かないといけないなんて考えてもみなかった、という保育士が多いです。保育園に子どもを預ける親御さんのライフスタイルはさまざまなので、受け入れる保育園としては仕方ないのかもしれません。夜勤に疲れてしまい、日勤のみの求人を探すというケースがよくあります。

公立や私立の保育園だと日勤の仕事が主なのでそれほど大変じゃないと思っている保育士もいると思います。それは本当なのでしょうか。認可保育園の場合、日勤のみというのがほとんどですが、保育士の方が悩むのが保育園の行事の企画です。運動会やお楽しみ会、ほかにもいろいろな行事をこなしていかないといけません。勤務時間は子どもの保育に忙しいので、なかなか企画を立案するところまで時間が回らないというケースがよくあります。そのような場合、自宅に持ち帰って仕事をすることになるので、お金にならない仕事が増えてしまうワケです。結構ストレスに感じる保育士が多く、転職する理由につながります。

人間関係の難しさも転職の理由に含まれます。男性の保育士が増えてきたとは言っても、保育園はまだまだ女性中心の社会です。女性特有の人間関係の難しさがあります。よくあるのがうわさ話で陰口をされたり、集団で無視されたりといったことが起こります。大っぴらにそのようなことがないとしても、敏感に感じ取ってなんとなく無視されているとか避けられていると思う女性の保育士は多いのです。転職をしてすべてをリセットしたい、と考えるようになる理由が分かります。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.