保育士の転職先・職場について

保育士転職TOP >> 転職の基礎 >> 保育士の転職先・職場について

保育士の転職先・職場について

保育士の転職先にはどのような職場が多いのでしょうか。前持って情報をチェックしておくことで、ターゲットを絞り込めますし、求人情報を選ぶ際に迷ってしまいなかなか決まらないということがなくなります。保育士の転職先でポピュラーなのが保育園です。保育園には認可保育園と無認可保育園があるので、それぞれの違いをある程度把握しておくことが大切です。認可保育園というのは国により認められた保育園を指します。○○市立○○保育園とか、私立○○保育園というのが認可保育園に当たります。無認可保育園とは国の許可を得ていない保育園を指します。国が定めた基準を満たしていないため、認可されないという実情があります。

公務員として働きたい場合、公立の認可保育園を目指すと良いでしょう。公立保育園で保育士として勤務する場合、公務員扱いになるため、報酬や福利厚生は所属する自治体が定める基準に従って決まります。公務員試験を受験する必要がありますが、社会人募集の場合は、新卒向けの募集とは若干異なるので、事前に募集要項をチェックしておくことをおすすめします。公務員試験過程の内容は一般教養試験、小論文、面接です。試験対策にかける時間が必要ですが、公務員として勤務できるメリットは大きいので、挑戦してみる価値は大きいです。

給料が高い職場を目指す場合は無認可保育園を選ぶことができるかもしれません。無認可保育園は24時間保育など認可保育園よりもサービス面に力を入れているところが多く、その分だけ勤務形態がハードになりがちですが、無認可保育園の保育料は認可保育園よりも高いので、高額報酬を期待できます。体力に自信がある、認可保育園では磨けないスキルを身につけたい、といった人に向いているのが無認可保育園です。

転職先で人気が高いのが新設の保育園です。新設の保育園は人間関係を含め、すべての点で1からスタートすることになるので、既存の保育園に就職した場合に起こる可能性がある人間関係上の問題が起きにくいというメリットがあります。転職を考える保育士の中には、職場の人間関係に疲れてしまった、という人が多いので、あえて新設の保育園を狙うことで、これまでのことをリセットできる可能性が高くなります。経験豊富な転職組は新設の保育園で重宝される場合が多いので、仕事がしやすいと感じることでしょう。保育士資格を生かせる場所はたくさんあるので、自分に合ったフィールドを見つけることが大切です。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.