オープニングスタッフ

保育士転職TOP >> 希望条件別 >> オープニングスタッフ

オープニングスタッフ

待機児童問題の解決策としては、当たり前ですが保育所を増やすこと、そして多くの保育士を雇うことです。実際に新しく開園する保育園も多くなっています。そういった保育園でオープニングスタッフとして転職したいと思う保育士の方も少なくありません。

オープニングスタッフとして転職するメリットは、これから自分たちオープニングスタッフで保育園を盛り上げていくんだ、とやりがいを感じられる点でしょう。また、施設自体も新築、もしくは改装したばかりですから非常に園内が綺麗ですし、遊具や備品、その他全てが新品となることがほとんどです。誰でも綺麗な施設で保育したほうが気持ちいいですし、預けられる子供も嬉しいものです。

既存の保育園に転職した場合に、一番ネックとなるのが人間関係です。転職すると保育士やその他のスタッフとの関係を築くのは難しいですし、すでに仲間が出来上がっている中に溶け込んでいくのも大変です。それがオープニングスタッフであれば、同じ条件でのスタートになりますから自分だけが仲間外れ的な感覚は少ないでしょう。溶け込みやすいのもオープニングスタッフだからこそです。

ただ、ゼロから始めることは決してプラスばかりではありません。新規保育園だと、マニュアルがしっかり定められていない場合もあります。一般の保育園ではこれまでの経験や保護者の意見なども参考にしながらマニュアルが出来ているもので、それでも時代に合わせて試行錯誤し運営しています。新規オープンだと、園長はじめすべてのスタッフが手探り状態で運営していくことになるので、いくら他の施設での経験があってもトラブルが起こるリスクはあります。

また、新規だと想定よりも入園児が少ない、なんてこともあります。保護者は、大切な子供を預けるわけですから、どのような保育園なのか、保育士がどんな人たちなのかもわからない施設よりも、実績・評判がいい保育園に入園させた方が安心です。もし、入園児が少なく経営もうまくいかなければ保育士の給与を下げられる可能性もあります。

とはいえ、保育士としてのやりがいを感じられ、人間関係もまっさらな状態から始められることは大きなメリットですから、オープニングスタッフとして転職したい保育士は多いです。そのため新規オープンの情報が入ったら応募者も殺到するでしょうから、競争率は激しくなります。採用には保育士の経験も重要なポイントになりますが、できるだけ早く応募することが大切です。応募が殺到すると募集を締め切ってしまう場合もありますから、そうならないようにしっかりと新規オープンの情報は入手しておきましょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.