補助業務の求人を探す

保育士転職TOP >> 希望条件別 >> 補助業務の求人を探す

補助業務の求人を探す

保育士の求人は、保育士の資格を持っている人が対象となりますが、補助業務に関しては保育士の資格を持っていなくても応募することができます。保育士の資格が必要ないお仕事なので、給料の面では保育士よりも少し低くなってしまいますが、補助業務のお仕事をしていると、保育士の資格を取得すれば転職しなくても同じ職場でお給料がアップするなどの待遇改善が期待できるというメリットがあります。保育士と補助業務とでどのぐらいお給料に差があるかは、その自治体や保育園によって異なるものの、目安としては2万円程度低くなるところが多いですね。もしも現在は保育士の資格を持っていないけれど、資格取得を目指して勉強している人が補助業務のお仕事に応募するなら、資格を取得したらお給料の取り扱いはどうなるのかという点について質問することをおすすめします。

補助業務のお仕事は、保育園で働くスタッフにすればはっきりとした線引きがあり、保育士の資格が必要な園児の保育などの職務が与えられることは少ないものです。しかし、園児や保護者にとっては、保育園のスタッフということで、誰が保育士の資格を持っているのかいないのかまで詳しく把握することはありません。補助業務に従事している人でも、保護者や園児から見たら保育士と同じなので、保育士のアシスタント的な立場で園児と関わる機会を得ることは珍しくありません。

一般的な補助業務のお仕事は、子供達が遊ぶ前の準備をしたり後片付けをしたり、食事の準備や後片付けなど、子供の保育に直接かかわるものではなく、施設や設備の準備と後片付けとなります。体力的にハードなお仕事なので、体力に自信がない人だと慣れるまで大変かもしれませんが、毎日同じ業務の繰り返しなので、慣れればそれほど難しくはなく、ルーティンワークとしてストレスを感じずに働ける職務内容が多いですね。

保育補助業務の仕事は、ハローワークやネットの保育士求人情報などで見つけることができます。お給料面ではイマイチなお仕事が多いですが、子供達と直接的かつ間接的にかかわりながら働くことは、将来保育士として活躍したい人にとっては大きなモチベーションのアップにつながりますし、保育園という環境を体感することができるので、資格を取得した後でもどんなふうに自分が働くのかを具体的にイメージしやすくなります。ただし、施設によっては保育補助スタッフの扱いが雑になってしまう所もあるので、職場選びは注意したほうが良いでしょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.