児童養護施設の保育士求人

保育士転職TOP >> 職場別の求人 >> 児童養護施設

児童養護施設の保育士求人

児童養護施設は、18歳以下の子供で家庭に何か問題がある子供を預かります。病気や事故で親を失った子供だけでなく、最近は親からの虐待により入所してくる子供も多くなっています。そのため、児童養護施設は、子供にとって “自分の家”であり、保育士を含めた職員は保護者代わりとなります。

保護者の死去、虐待などは子供にとって大きな心の傷です。心に傷を負った子供、特に思春期の子供はより複雑な感情を抱いています。保育士が接するのは基本的に6歳未満の未就学児ですが、施設内には18歳までの子供が生活していますから無関係ではありません。学校では親がいないことでいじめにあっている子もいるかもしれません。そういった複雑な感情を持った子供たちと接するわけですから、肉体的にキツイというよりも、精神的な負担の方が大きくなります。

保育士の転職先を探す上で、給与面は大きなポイントです。無認可保育園だと、園によっては安い給料でこき使われることもあります。そのため「どうせ働くなら給料が高い職場で」と思う方も少なくないでしょう。給与面だけみれば児童養護施設はオススメです。また、毎年違う児童と接することになる保育園と違い、ずっと同じ子供と接するので、その点は接しやすいところもあるでしょう。

ただ、児童養護施設で働くのは想像以上にハードなものです。24時間365日保育するだけでなく、心のサポートも必要になります。どんな子供でも育てて行くのは大変ですが、親を失ったり、虐待を受けた深い心の傷を受けた子供は、さらに扱い方は慎重にならないといけません。他の施設なら仕事が大変だったという理由ですぐに辞めてもいいかもしれません。ですが、児童養護施設だとそれは子供にとっては信頼し始めていた保育士に裏切られたと感じることもあります。

最近では、子供との信頼を築かなければいけない保育士が、精神的、肉体的な虐待をするという問題も出てきています。親に裏切られ、親代わりにも裏切られたとなると、心の傷はかなり深くなり、他人を信頼できない人間になってしまうかもしれません。それだけに児童養護施設で働く際には、子供の母親代わりになるという強い気持ちが必要になります。

児童養護施設の保育士求人は多くはありません。待機児童が問題となっていますが、児童養護施設にはほぼ関係のないことなので、今後急増することも考えられません。もし働きたいという方は、保育士転職サイトなどに登録しておき、求人待ちをするといいでしょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.