事業所内保育所の保育士求人

保育士転職TOP >> 職場別の求人 >> 事業所内保育所

事業所内保育所の保育士求人

最近多くの企業で従業員の福利厚生の一環として、事業所内保育所を設立しているところがあります。従業員からすれば職場で預かってもらえるため、安心して仕事に集中できる、職場復帰できるので、こういった事業所内保育所の有無で職場選びをするケースも増えています。

事業所内保育所は従業員が働いている時間帯だけ預けられる施設で、保育士の就業時間もほぼその企業の就業時間と同じです。厳密に言えば親御さんが子供を預けに来る時間、仕事が終わって迎えに来る時間まで預かることになるので、従業員よりは若干就業時間は長くなります。また、休日も企業の休日と同じなので、土日祝日が確実に休める、ゴールデンウィークや年末年始も長期連休になることがあります。

事業所内保育所で働くメリットは、前述のように土日祝日、長期連休も取れる点でしょう(企業による)。また、一般的な保育園でおこなわれる運動会やおゆうぎ会、その他のイベントがほとんどありません。そのため、その準備に時間を割くことがなく純粋に保育に専念できます。また、たいていは企業の敷地内、もしくはその近隣地域に保育所があるので、子供が発熱、ケガなどで保護者と連絡を取りたい時にもすぐに対応できるのも預かる側としては安心です。

ただ事業所内保育所は、コストがかかるため、企業によっては廃止するところもあります。そうなれば勤務している保育士は再契約されません。また、イベントがないのでそれが楽しみという保育士には向いていないでしょう。そして、無認可保育園ですから、子供を事業所内保育所に預ける人が多くなれば、たくさんの子供を少ない保育士でみることにもなり、仕事内容はハードかつトラブルも起きやすくなります。

給与に関しても、その企業によって差があります。給与や福利厚生が充実しているところもあれば、劣悪な環境のところも少なからずあります。そのため、保育士が就職する際にはしっかりと事業所内保育所の内情、もしくは運営している企業の経営状態などもチェックしておく必要があります。

一般的に大手企業ほど給与も福利厚生も充実している傾向があります。ただ、そういった求人は、競争率が高く採用される可能性は低くなってしまいます。その会社で働いている方などに知人がいれば、そちらから自分を紹介してもらった方が採用される可能性は高くなるかもしれません。

コネがない方は、できるだけ早く募集の情報を入手する事です。そのためには、保育士専門の求人サイト等に登録し、常に情報を入手しておくといいでしょう。

保育士転職エージェント人気ランキング【※大手サイトを厳選】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 保育士転職エージェント人気ランキング All Rights Reserved.